ひとり暮らしを始めるなら知っておいて損はない!

一人暮らしを始めるには色々なコストがかかる

一人暮らしを始めたい場合、親などに出来る限り頼らずに始めるとなると実は色々なあまり知られていない費用もかかります。そのあまり知られていないコストの代表格が「固定電話の設置」です。あまり知られていないものの、携帯電話の利用開始の際には設置費的な初期費用は掛かりませんが、この固定電話新規設置コストがかなりの額のため、注意が必要です。そして実家の自分の部屋にテレビ・机・ベッドなど最低限の家具・家電はあったとしても、一人暮らしを始める時には様々な家具・家電を新規で買う必要があります。しかし、一気に買い揃えるとコスト的に大変ですし、たくさんの候補の中から探すのは大変なので、まずは1年くらい家具家電付きのマンスリーマンションに住む形もおすすめです。

マンスリーマンションに住み続けるという手もある

1年くらいマンスリーマンションに住みつつアルバイトしてお金をどんどん貯めていき、新規で買う家電をよく比較してゆっくり決めていって、また引っ越す際に一気に家具家電を買い揃えるという手はおすすめです。一方、忙しくて家具・家電を自分で買い揃えるためにアルバイトをするような時間がないという場合は、ずっと家具・家電付き物件に住み続けるという形も良い形の一つといえます。ただし、家具・家電付きマンションにも色々なグレードがあります。もし現在住んでいる家具・家電付きのマンスリーマンションの備品が十分ではない場合は、備品がもっと充実したグレード高めの物件に引っ越せば、自身で家具・家電を買うことなく、より快適な生活が実現します。なお、ガス代というものは特にプロパン物件だと相当かかってしまうもので初回請求額の高さに驚愕してしまうような例もあります。お風呂好きの方は光熱費込のマンスリーマンションがベストです。

格安マンスリーマンションを東京で効率よく探すなら、不動産屋に行く前にまずは不動産サイトで絞り込むのがおすすめです。