知ってる?マンスリーマンションの便利な使い方

家具・家電が部屋に完備

賃貸マンションというと、2年程度を契約期間とする賃貸借契約書を取り交わし、敷金・礼金をオーナーに支払い、仲介手数料を不動産業者に支払った後、荷物を運び込んで入居するというのが一般的なイメージです。しかし中にはもっと手軽に利用できるマンションもあります。それがマンスリーマンションです。
マンスリーマンションは、1か月単位で利用できるマンションです。大半の物件は敷金や礼金が要らず、仲介手数料の支払いも不要です。また、生活に必要な家具や家電、場合によっては食器や洗濯用具などの日用品も備え付けになっています。
こうした特徴を持つことから、マンスリーマンションはたとえば単身赴任者が利用すると便利かつ経済的です。

初めてのひとり暮らしにも向いている

家族と別れて一時的に単身赴任する場合、それまで使っていた家具や家電を持ち込むわけにはいかないため、新たに買い揃える必要があります。しかし、そうして揃えた家財道具は、赴任期間が終わって元の家に戻れば不要になってしまいます。 この点、マンスリーマンションであれば新たに家具等を購入する必要がなく、身の回りの品を持ち込むだけですぐに新生活が始められます。購入費用はもちろん、引っ越し費用も節約することができます。 また、初めてひとり暮らしをする新入生や新社会人にとっても、マンスリーマンションは便利な存在です。通常の賃貸物件に住みたいが初期費用を一度に支払うのが大変といった場合はまず、マンスリーマンションに入居し、給料やアルバイト収入などがある程度貯まるまで待つという手があります。もちろんそのままマンスリーマンションに住み続けても構いません。